脂肪燃焼サプリでダイエットパワーアップ!

体脂肪を落として、ダイエットでスリム体形になる上でもっとも重要なポイントは脂肪燃焼です。

 

脂肪を燃やさなければ、体重が減ったとしても、それは筋肉や水分が減少しただけで、ダイエットにはなってないからなんです。あなたの落としたい贅肉はどの部分ですか?おなか周り、太もも、おしりなどの下半身などちょっと気を抜くと脂肪がついてきてしまいます。

 

太めになってしまったスタイルを細い華奢なスタイルへと変化させるには、脂肪燃焼ダイエットを行っていきましょう。我慢・ストレスが多いダイエット中、少しでも早く痩せやすくなる成分を含んだ脂肪燃焼サプリも紹介しています。

 

脂肪を燃やして確実に痩せる!

 

運動したり、食事を減らしたりしても、体の中の水分が減っただけでは痩せたとはいえません。水分の減少は、一時的なものであり、水分を摂ればまた元に戻ってしまいます。

 

筋肉の減少は、確かに、見た目も細くなるかもしれませんが、かえって脂肪の付きやすい体を作ってしまいます。そうなってしまっては本末転倒です。脂肪燃焼するためには、単に、食事を減らすだけでは意味がないのです。

 

二度と太らないための脂肪燃焼ダイエット

 

二度と太らないための脂肪燃焼ダイエット

 

痩せるためには食べ過ぎないということはもちろん大切で必要なことですが、二度と太らない!そんなダイエットをするなら、やはり筋力アップできる運動が必須です。筋肉が増えることによって、脂肪を燃焼しやすい体となり、脂肪の付きにくい体になれます。痩せているのに食べても太らない体というのが、ダイエットのゴール地点です。

 

そのためには、過度な運動ではなく、確実に少しずつ筋力アップのできる運動が必要となります。突然、キツイ運動をしてギブアップしないように負荷の小さい筋力トレーニングからはじめることがコツです。

 

筋肉痛を起こしてしまうようなハードなトレーニングでは、体に負担がかかりますし、辛くてやる気もなくしてしまうでしょう。短時間でできる簡単なことでも、毎日、継続して行うということが、食べても太らない体作りの基本だと言えるでしょう。努力を最小限にして痩せたいというならダイエットサプリの力を借りるのも有効な方法になります。

 

ウォーキング、ランニングで脂肪燃焼 器具やグッズも必要なく手軽にできる走る、歩くという運動で脂肪を燃やす効果的な時間や方法を紹介しています。
無酸素運動と有酸素運動を組み合わせてもっと脂肪燃焼 効率をよく脂肪を燃やすためには1つの運動だけでなく、組み合わせて行うことが大切です。

 

脂肪燃焼のためのサプリメント

 

代謝が低下して脂肪が燃えにくくなってしまったあなたが痩せるのを手助けしてくれる成分が手軽に取れる脂肪燃焼サプリメントがダイエットをサポートしてくれますよ。

 

コレスリム

 

  • 脂肪がメラメラ!L-カルニチンたっぷり!
  • 野草発酵エキスで酵素ダイエット!
  • スイーツ好きに糖質対策ギムネマシルベスタ!

酵素にL-カルニチン、ギムネマシルベスタまでたっぷりと配合した燃焼サプリです。美容健康にも欠かせない亜麻仁油、満腹感アップにカツオ煎じパウダーも配合!

 

詳細はこちらから⇒ コレスリム 公式サイトへ

 

 

酵素黒酢革命

 

  • 酵素と黒酢のアミノ酸パワーでメラメラ燃焼!
  • 金時生姜が血行促進・ぽっかぽか!
  • ダイエットに人気のトマト・リコピンもたっぷり!

健康・美容によいと話題のエゴマのパワーを利用した燃焼サプリです。脂肪燃焼にかかせないα-リノレン酸、L-カルニチン、カプサイシンの相乗効果でメラメラ!

 

詳細はこちらから⇒ 酵素黒酢革命 公式サイトへ

 

 

メタバリア

 

  • サラシア、カテキンのパワーでぽっちゃり撃退!
  • 甘いもの、揚げ物が大好きな人に!
  • 初めての方は500円でお試しできます!

メタボリックが気になる方にも血液サラサラ成分のケルセチンや赤ワインポリフェノール、クロム酵母が配合されているので健康効果も期待できオススメです。今なら、1週間分 + 3日分がたったの500円で試すことができるのでお得です。

 

お試しはこちらから⇒ メタバリア 公式サイトへ

 

脂肪を燃やす燃焼系サプリの成分

 

 

テレビなどでもよく取り上げられる牛肉の赤身に多いL-カルニチンや唐辛子辛み成分のカプサイシン、酢などに含まれるアミノ酸がダイエットサプリには効果が高いとよく配合されています。成分が1つだけ含まれているサプリ、痩せるためにバランスよく複数のダイエット成分で構成されているものなどいろんな種類のサプリがあります。

 

L-カルニチン

 

 

脂肪燃焼成分として知られるL-カルニチンは、牛肉(100g中70〜100mg)、羊肉(100g中190mg)などに多く含まれています。

 

L-カルニチンは人間の体内でも合成させるのですがそれだけでは不足してしまうのでダイエットにまで役立てるなら、多く含む食品やサプリメントから摂取する必要があります。

 

L-カルニチンは脂肪をエネルギーに変える働きをするため、日々の生活に必要なエネルギーを作り出す役目があります。結果として体内で効率よくエネルギー活用され疲労回復にもつながります。

 

大人の1日の摂取量目安は200mg〜500mgといわれていますが、L-カルニチンに副作用はなく、50キロの体重の人がずっと1000mgを毎日摂取しても安全で問題ないとされています。

 

カプサイシン

 

唐辛子

 

唐辛子に多く含まれることで知られるカプサイシンは辛み成分アルカロイドの一種です。カプサイシンを摂取するとアドレナリンが分泌されて体温が上昇、発汗促進されます。これだけでもダイエットに役立ちそうなものですが、カプサイシンは脂肪分解するという働きがあるのです。

 

脂肪が分解されていると脂肪燃焼がスムーズに行われるのですが、運動(できれば有酸素運動)を行わないと痩せるほどの効果を実感できることは少ないでしょう。「カプサイシン + 運動」この2つの組み合わせて脂肪を減らしていくことができます。

 

アミノ酸

 

 

筋肉や骨格などに必要なアミノ酸はダイエット中に不足しがちな成分です。ダイエットしようとしてもアミノ酸が不足してくると筋肉が落ちてきてしまうので、代謝が下がってきてしまいます。

 

痩せようとして食事制限、苦しい運動などを行っていたのに辛いばかりで全然体重が減らないといういうことになるのが「アミノ酸不足」です。アミノ酸は20種類あり、そのうちの9種類は体内で作ることのできない必須アミノ酸です。

 

カロリー制限をしていてもアミノ酸はしっかりと摂取できるよう保有量の多い食品を食べるようにしましょう。アミノ酸の中でもダイエットに効果的な働きをするのはBCAAといわれるバリン、ロイシン、イソロイシンの3種類、メチオニン、リジンとされています。

 

それぞれに多く含まれている食材は、バリン(プロセスチーズ、マグロ)、ロイシン(鶏むね肉)、イソロイシン(豚肉、卵)、メチオニン(豆乳、鶏むね)、リジン(湯葉、黄な粉)です。不足すると痩せなくなるのでダイエット中はサプリなどからも摂取すると停滞期も少なくダイエットに役立ってくれます。

 

オルニチン

 

 

オルニチンは成長ホルモンの分泌を促すことによりその結果、たんぱく質の合成を加速され筋肉がつきやすくなるというダイエットに必要なアミノ酸のことです。

 

オルニチンは肝臓の働きを助けるので、代謝が上がりますし、代謝がアップすることで脂肪燃焼が促進されます。サプリメントから摂取する以外にはシジミ、えのきだけ、キハダマグロなどの食品から摂ることができます。

 

コエンザイムQ10
αリポ酸
カテキン
カテキン緑茶に含まれる茶
カフェイン
アルギニン
L-プロリン

 

中年の痩せにくいダイエットにも!

 

痩せるため走る中年

 

昔はちょっと運動すれば1日2日で1キロくらいはあっという間に痩せられたのに・・・、ご飯少なめにするだけで次の日には体重が減少してたのに・・・とお悩みの中年男性、女性が日本全国にたくさんいるんじゃないかともいます。

 

どうしても20代後半から30代にかけて贅肉がつきにくくなったとか、ダイエットしようとしたら逆にリバウンドしたということが多くなってきます。気づいた時には10キロ、20キロと太ってしまっているなんてことも!

 

加齢・老化現象で避けられない代謝の低下。基礎代謝が下がることで同じカロリー分の食事を食べていると徐々にたくましい体つきになってきてしまいます。

 

さらに、追い打ちをかけるように、だんだんと体を動かす機会も少なることで血行不良を起こしたり筋肉量も低下してしまい、またまた代謝が悪くなるのです。血行が悪いことで痩せやすくなるというデトックス作用も全然活躍できずに脂肪を溜め込みやすい体質へと変わってきてしまいます。

 

脂肪燃焼サプリは代謝が悪い、血行が悪い、運動しても痩せにくいという太りやすい体質でも、体についた脂肪を漏らせるようにサポートしてくれます。燃焼系サプリを飲んでちょこっと体を動かすダイエット。

 

食事制限よりも断然、成功率の高いダイエットになりますからぜひチャレンジしてみてくださいね♪

 

体脂肪を減らすためのコツや裏技的な?

裏技というほどでもないですが、太らないように生活していくのにコツってあると思います。直接的にはダイエット効果がないとされていますが、ノンシュガー炭酸を飲んで体脂肪を減らすとか、女性がパンプスを履くことで脂肪燃焼の助けになるなどです。

 

食べている物のカロリーがまったく同じだとしても、なぜか太っている、痩せているというのは体質、プラスαのちょっとした生活の違いも関係しているかもしれませんね。手の届くところになんでも置いているので消費カロリーが少ないなどもあるかもしれません。

 

太っているというのは引き締まった体の人よりも、なんだかだらしない印象にみられがち。お腹の出ていないスリムボディをダイエットで実現させましょう!